日本風俗史学会  

本文へジャンプ

トップページ > お知らせ > 日本風俗史学会報

お 知 ら せ (会 報)

日本風俗史学会報 743号 30年5月のお知らせ




【本部事務局より】


第59回日本風俗史学会 大会・総会開催について 
 

次回の大会・総会は、沖縄県での開催を予定しております。
まだ詳細を申し上げる段階ではございませんが、早めに告知をして参りますのでご承知いただければと存じます。
・日時   平成30年12月初旬を予定
・場所   琉球大学(沖縄県中頭郡西原町千原1)
・内容   テーマ等未定
後日、大会実行委員会が組織されます。
そこから会員の皆様にはご連絡を差し上げ
て参ります。なお、宿泊や交通などのご案内もお届けする予定です。

 
平成30年度年会費納入のお願い 
  過日、平成30年度会費のご請求を封書でお送りさせていただきました。会則により会費は前納制となっております。一応納入期日を5月末とさせていただきました。よろしくご理解賜りますようお願い申し上げます。
 
第三回日本風俗史学会 研究例会発表者募集
  第三回研究例会は、9月開催の予定(日時・場所は未定)です。発表ご希望の方は、タイトル、概要800字程度を事務局までお送りください。募集の締め切りは8月15日までとしますが、先着2名までとさせていただきます。お早目にエントリ―をお願いします。(研究)
 
会誌『風俗史学』の刊行について 
 

『風俗史学』66号がお手元に届いているかと存じます。長らく刊行時期が遅れ、不規則な発行でしたがようやく定期刊行に漕ぎ着けることとなりました。つきましては、次号67号は秋の9月末です。投稿原稿につきましては査読の時間を含めて四か月前、すなわち5月末を目処に事務局へお送りください。文字数については上限下限を大幅に変えています。詳細は会誌の目次裏をご覧ください。(編集)

 

新入会員の募集・推薦

  新入会員を広く募集しています。歴史学、美術史学、家政学、文学、民俗学、地理学、建築史学等さまざまな学問分野の会員が、学際的な雰囲気の中で研究交流を深めています。入会方法は、日本風俗史学会のホームページをご覧ください。資格条件は特にありません。入会申込書をプリントアウトして必要事項をご記入の上、事務局に郵送もしくはFAXしていただくか、必要事項をメールで事務局にお送りください。また同時に、郵便振替で年会費の納入をお願いします。後日、事務局から連絡を差し上げることで入会手続きが終了します。会員は研究発表、論文投稿ができます。
   正会員         五千円
   学生会員(学生・院生)四千円
   (総務担当)
 


 
■日本風俗史学会   http://www.fuzokushi.jp
〒161-8539 東京都新宿区中落合4―31―1
目白大学 社会学部   有元修一研究室 気付
学会 FAX 03-5982-7141 E-メール:jimu@fuzokushi.jp
 
  事務連絡はFAXまたはメールでお願いいたします。
 


【各支部からのお知らせ】   <お問い合わせは、事務局まで jimu@fuzokushi.jp

■関東支部

・近世史分科会 

・日時:5月28日(月)18時~21時
・場所:浅草文化観光センター4階小会議室

 (台東区雷門2-18-9 雷門前)
・発表:「吉徳資料室所蔵文献の紹介と講読」

                  小林 すみ江 氏
     「柳澤信鴻著『宴遊日記』講読」(続)
                  松尾 政司 氏

  ※飛び入り歓迎です。どなたでもお気軽にご参加ください。

・近代史分科会

休会とします。


・服飾史分科会  ・日時:5月17日(木)18時~21時

  (終了後、希望の方はお茶室で茶菓を頂けます)
・場所:きれと着物 土居〔不思庵〕

     駒込パークハウス地下一階集会室
    (JR・地下鉄 駒込駅東口徒歩5分

             ℡090-8774-0074)

 
・テキスト 『後水尾院當時年中行事』東山御文庫架蔵・宸筆本の跋文を2月の会で再読しました。今月は、5ォ3行「二献の時、うけとり進上の人、いつれも天酌をたふ、云々」からです。初めての方もテキストは用意していますので、どうぞ入らして下さい。 
・尚、来6月は21日(木)の予定ですので、ご承知置き下さい。

中部支部

1.日時・場所 5月26日(土)13時半~

  徳川美術館 入口に集合

    〒461-0023 名古屋市東区徳川町

  ℡(052)935-6262

  基幹バス「徳川園新出来」下車徒歩3分

  JR中央本線「大曾根駅」下車 南口より徒歩10分 

2.内容

  春季特別展

  「明治150年記念 華ひらく皇室文化-明治宮廷を彩る技と美-」

 (徳川美術館本館展示室・蓬左文庫展示室)

  解説 学芸員 並木 昌史 氏

  ★なお、当日は役員会を行います。

3.費用および参加申し込み

 ・観覧料:一般1400円

 ・学会員には観覧料の一部を補助します。

 ・事前に参加申し込みをしてください。 

※参加申込み 5月18日(金)までに高橋 知子氏まで


関西支部  休会とします。 

 
   このページのTOPに戻る↑
  Copyright(C)2011 日本風俗史学会 all Rights Reserved.