日本風俗史学会  

本文へジャンプ

トップページ > お知らせ > 日本風俗史学会報

お 知 ら せ (会 報)

日本風俗史学会報 735号 29年9月のお知らせ




【本部事務局より】


第58回日本風俗史学会大会・総会のお知らせ
 

平成29年度の大会・総会は、大枠が決まりましたのでお知らせいたします。(再掲)

・会期 平成29年11月25日(土)・26(日)・27日(月)

・会場 淑徳大学 東京キャンパス(板橋区前野町6-36-4)

・交通 東武東上線「ときわ台」駅下車徒歩12分

・テーマ「高度経済成長下の昭和の暮らし」
進行案

1日目 (午後)
総会
講演会 「近世の遊行上人の布教について(仮)
       圭室 文雄 氏
         (前日本風俗史学会会長・明治大学名誉教授) 
    懇親会  (学内) 
  2日目  (午前)  自由論題発表(4名程) 
    (午後)  テーマ発表(4名程)、討論 
  3日目  見学会  (板橋区常盤台・石神井川周辺の予定) 
 
自由論題発表・テーマ発表の報告者を募集します。
  名前・連絡先・論題・800字程度の発表概要をメールまたはファックスで学会事務局までお送り下さい。
締め切りは、9月15日(金)です。(大会実行委員長)
 
 


 
■日本風俗史学会   http://www.fuzokushi.jp
〒161-8539 東京都新宿区中落合4―31―1
目白大学 社会学部   有元修一研究室 気付
学会 FAX 03-5982-7141 E-メール:jimu@fuzokushi.jp
 
  事務連絡はFAXまたはメールでお願いいたします。
 


【各支部からのお知らせ】   <お問い合わせは、事務局まで jimu@fuzokushi.jp

■関東支部

・近世史分科会 

・日時:9月25日(月)18時~21時
・場所:浅草文化観光センター4階小会議室

 (台東区雷門2-18-9 雷門前)
・発表:「吉徳資料室所蔵文献の紹介と講読」

                  小林 すみ江 氏
     「柳澤信鴻著『宴遊日記』講読」(続)
                  松尾 政司 氏


・近代史分科会

・日時:9月22日(金)18時~20時
・場所:港区高輪区民センター・3階会議室
    (地下鉄白金高輪駅1番出口真上)
・発表:「大名屋敷の松飾り」  光田 憲雄 氏

※出席者が少ないため休会していましたが、今月より再開します。皆さまのご出席を心よりお待ち申し上げます。


・服飾史分科会  ・日時:9月21日(木)18時~21時

・場所:きれと着物 土居〔不思庵〕
     駒込パークハウス地下一階集会室
    (JR・地下鉄 駒込駅東口徒歩5分

             ℡090-8774-0074

 
・題目:『後水尾院當時年中行事』
東山御文庫架蔵宸筆本の後半の講読を三月で完了しましたので、後半部始めから再度読み直しています。
47オ8行「一、まいらさる物ハ王余魚、云々」からです。
  ※興味のある方、テキストは用意していますので、いらしてください。

中部支部 
東海地方の伝統食調査「日間賀島の昔のもてなし料理」   
1. 日時:9月17日(日)11時40分~14時ごろ   
  場所:知多郡南知多町日間賀島小谷34 小浜荘(鈴木 三知夫氏)   
  内容:日間賀島の、かつての「もてなし料理」から数種類を復元していただきます。  
2. 当日のスケジュール  
  《行き》  
    ①電車利用の場合  
   

名鉄名古屋駅発 9:56(名鉄急行河和行き)=10:48河和駅着、無料送迎バス10:54発=河和港へ
名鉄海上観光船の定期高速船にて、河和港11:05発=日間賀島西港11:25着、西港から小浜荘までは徒歩5分ほど

(*参加者が10名以上の場合は、海上タクシーを利用する可能性もあります。) 

 
    (*河和港まで自家用車でお越しの場合は、事前にその旨をお知らせください。河和港にて出席確認をとります。)   
    ② 自家用車利用の場合 諸崎港経由でも行くことができます。   
    名鉄海上観光船の定期高速船にて、諸崎港10:55発=日間賀西港11:10着
(*諸崎港よりお越しの場合も、事前にその旨をお知らせください。当日は日間賀島西港にてお待ちください。)
 
    ※11:40分ごろから現地で、2時間から3時間程度、もてなし料理に関する聞き取りや食事をします。   
  《帰り》   
    ①電車利用および河和港から自家用車   
   

日間賀島西港 14:20発=河和港14:40

            15:40発=河和港16:00

 
    ②諸崎港より自家用車の場合   
    日間賀島西港 14:10発=諸崎港14:20
       14:45発=諸崎港14:55
 
 
3.  会費:料理代金は1人5000円(税込み、飲み物別)  
   

《旅費》

 
    ①電車利用の場合   
    名鉄名古屋→河和=920円(片道)、河和港→日間賀島=片道1400円(往復2690円)   
    ②自家用車利用の場合   
    (諸崎港より定期高速船)諸崎港→日間賀島=片道700円(往復1340円)   
・申込み締切り8月18日(金)   

関西支部 

・日時:9月16日(土)14時~
・会場:京都女子大学B校舎 
B503(造形意匠演習室)
・研究発表:「竹内栖鳳 渡欧後の油絵について」
・発表者:西田 茉未 氏
(京都女子大学 大学院生)
・座長:廣田 孝 氏


   このページのTOPに戻る↑
  Copyright(C)2011 日本風俗史学会 all Rights Reserved.